頭皮のかゆみを解説。かゆみの正しい対策や改善方法もご紹介します



頭皮のかゆみって、いくらかいても治まらないことってありませんか?

それどころか、かけばかくほど、どんどんかゆみが増してくるなんてことも・・・


そのまま放置しておくと、他の頭皮トラブルの元になる可能性もあるので、しっかりと改善する必要があります。

頭皮の雑菌がかゆみを引き起こす


頭皮のかゆみの原因として考えられるのは、「頭皮に雑菌が繁殖して炎症を起こし、その部分が痒くなる」というものです。


基本的には、この理由が一番多いのですが、頭皮のかゆみが発生する原因は色々あります。


頭皮も皮膚の一部なので、合わないシャンプーやトリートメントを使うと炎症を起こす事があります。


頭皮のかゆみを引き起こす病気の種類


まずは、頭皮のかゆみの原因となる病気についてご紹介します。


頭皮の病気には様々な種類があります。


普段は髪に覆われているため見た目では気付きにくく、すぐに頭皮の不調を見分けることは難しいです。


そのため悪化してから病院へ行く方も少なくありません。


死に至る病気ではなくても頭皮が不調になる事によって頭皮のかゆみ、フケなど様々な症状が引き起こされます。

ぜひこれを機会に今の頭皮の状態をチェックしてみましょう。



脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚は、頭皮の病気と言えば必ずあがる有名な皮膚炎です。


フケの付いた湿疹ができ頭皮のかゆみなども引き起こします。


皮脂分泌の多い部分に生じやすいのが特徴です。


男性の方がかかりやすく、皮膚が弱い方(敏感肌)や頭皮が赤みを帯びている方、フケが多い方や頭皮にかゆみを感じている方は、しっかりと頭皮ケアするようにしましょう。


50代、60代と年を重ねてからの脂漏性皮膚炎は自然治癒が難しく、病院での治療が必要となります。


予防方法

脂漏性皮膚炎を予防するには、食生活を見直し、ビタミンBやCを多めに摂取するよう心がける事が重要です。


トンカツやからあげなどの油物は頭皮の皮脂分泌量を増やし、脂漏性皮膚炎の原因となるカビをドンドン増やしてしまいます。


野菜中心のヘルシーでバランスの良い食生活に変えれば頭皮も健康になり、他の頭皮の病気の予防にもなります。



接触性皮膚炎

接触性皮膚炎は、文字通り頭皮に「接触」することによって発症する皮膚炎です。


アレルギー性接触皮膚炎と一次的な刺激性接触皮膚炎の2種類があります。


アレルギー性接触皮膚炎は通常のアレルギー反応と同じく、原因物質(アレルゲン)の接触により頭皮に湿疹やかゆみ、腫れなどの症状を引き起こします。

最悪の場合は、アナフィキラシーショックを起こす可能性もあるのです。


一次的な刺激性接触皮膚炎は、石鹸や洗剤など刺激物が接触する事により発症します。


刺激の強さにより症状が軽かったり、重くなったりしますが、アレルギー反応とは異なります。


予防方法

一番の予防方法は2種類とも炎症や反応の原因となる物質に触らない(近づかない)事です。

初めての場合は仕方ありませんが、一度触れて炎症を起こす事が分かった場合は決して、原因物質に近づかないようにしましょう。


また、頭皮を清潔に保つ事も大事です。


汗をこまめにふく、しっかりとシャンプーする、頭皮マッサージを心がけるなどの習慣をつけるようにしてください。


頭皮の病気は他にも


  • 特発性禿頭症

  • 頭部白癬

  • 尋常性乾癬

  • 円形脱毛症


などがあります。


どの病気もそうですが、頭皮を健康に清潔に保つ事が頭皮の病気を遠ざける第一歩になります。


頭皮を清潔に保って頭皮トラブルを防ぎましょう。


頭皮のかゆみの原因 乾燥


病気以外で、頭皮のかゆみの原因として多いのが、頭皮の「乾燥」です。


頭皮の乾燥は、シャンプーのしすぎによる皮脂の取り過ぎや、エアコン、乾いた風に当たる事など様々なことが原因で引き起こされます。


頭皮はこれらの様々な環境の影響で、お顔よりも先に乾燥してしまいます。


頭皮が乾燥したらお顔と同じで保湿するのが一番です。


頭皮の乾燥が原因で炎症が起きると様々な症状が出てきます。


  • 痒み

  • フケ

  • カサブタや痛み


シャンプーのしすぎによる皮脂の取り過ぎや、エアコン、乾いた風に当たる事による「頭皮の乾燥」が痒みを引き起こしていると言われています。



頭皮の皮脂量はTゾーンの2倍ある?


身体の中で特に皮脂量が多いのはどこだと思いますか?


多くの人がすぐに思いつくのは、顔の真ん中にあるTゾーンだと思います。


実は身体の中で最も皮脂分泌が多い場所は頭皮なのです。


世間で多いと思われているTゾーンの皮脂量の約2倍もの皮脂量が、頭皮にはあるのです!

多くの皮脂は頭皮にそのままとどまってしまうので、皮脂が長い間頭皮に触れていることになります。


長くとどまった皮脂は変質しやすく、体温で温められている上に酸化しやすいので頭皮のトラブルの原因になってしまうのです。


皮脂量が多くても乾燥してしまう原因とは

このように身体の中で最も皮脂量の多い頭皮ですが、皮脂が多くても乾燥しやすいと言われています。


頭皮のうるおいが足りなくなって乾燥してしまうのですが、どうしてでしょうか。


皮脂が長くとどまって変質してしまうと頭皮に悪い刺激を与えてしまって、頭皮の健康を損ねてしまうのです。


そうなると、新陳代謝が悪くなり頭皮のバリア機能が著しく低下します。


それが原因で、頭皮の大切な水分が逃げやすくなります。


このような理由で皮脂量が多いのに乾燥してしまうので、フケやかゆみといった症状が起きてしまうということなのです。


頭皮の潤いはなぜ大切なのか?


潤っている頭皮」と「乾燥している頭皮」は、何が違うのでしょうか。


頭皮の表面は、0.02mmという薄さの角質層でできています。


この角質層が健康だと20%が水分として含まれており、外からの刺激を水分がカバーしてくれています。


しかし、水分量が10%を下回ると刺激を受けやすくなり、頭皮トラブルの原因になります。


潤い不足による頭皮トラブルにはかゆみやフケが挙げられます。頭皮は潤っていないとはがれやすくなってしまうからです。


そのうえ、乾燥しているとかゆくなって、ついつい手で頭皮をかいてしまいますので、頭皮がはがれ落ちて、フケとなるという悪循環になってしまいます。


頭皮が乾燥する原因 洗浄力の強いシャンプーを使う


洗浄力が強いシャンプーを使い続けることはあまりおすすめできません。


若い頃には合っていたシャンプーでも、年齢と共に皮脂量が減ってきて、知らず知らずのうちに頭皮が脱脂されすぎて乾燥してしまうこともあるからです。


こんな場合は、保湿を一番に考えるのではなく、洗浄力が穏やかなアミノ酸系のシャンプーなどに切り替えるのが先決です。


頭皮が乾燥する原因 季節による影響


頭皮の乾燥に関わる最も大きな影響として季節が挙げられます。


夏場より気温と湿度が低くなる冬場には、頭皮は乾燥しやすい傾向にあります。


たとえ夏場であっても、エアコンによって室温と湿度が下がっている環境に長時間いることで、頭皮は乾燥してしまいます。この乾燥がかゆみをまねきます。


頭皮のかゆみの原因 頭皮の傷


頭皮に雑菌がつく理由として「頭皮が傷つく」事が考えられます。


頭皮というのは皮膚の中でも弱い部分になりますので、簡単に傷つきます。


傷ついても血が流れてくるというようなことはほとんど無く、知らないうちに傷つき、炎症が起こりかゆみを招くことになります。


頭皮のかゆみの原因 誤ったシャンプーの方法

頭皮が傷つく最も多い原因は「洗髪」にあります。

もちろん、洗髪をしないと頭皮に皮脂が溜まっていきますので、この皮脂が雑菌にとっては格好の餌食となってしまい、雑菌が大繁殖する原因となります。


しかし、洗髪をきちんとやっているつもりでも、洗髪方法を間違えていると、結局かゆみを発生させる原因となってしまうので注意が必要です。


間違った洗髪方法としてはいくつか考えられますが、主に以下の4項目が挙げられます。


  • ちょっと熱めのお湯で髪を濡らしてから洗髪をする

  • シャンプーを手にとって、直接頭皮に塗ってから泡立てる

  • 洗髪時に爪を立ててゴシゴシと洗う

  • キチンとシャンプーを洗い流していない


これらの項目のどれか1つにでも当てはまった方は洗髪の方法を間違えています。


誤ったシャンプーの方法1 熱いお湯で洗髪


髪を濡らす時と洗い流す時に、熱めのお湯を使った方が綺麗になるように思うかもしれません。


確かに熱いお湯の方が髪は濡れやすいですし、シャンプーも洗い流しやすいのですが、40度を超えるような温度の場合は、頭皮が軽い火傷のような状態になってしまい、かゆみを引き起こす炎症の原因となります。


皮脂を溶かすベストな温度は38度といわれていますので、40度を超えるお湯は熱すぎると覚えておきましょう。


誤ったシャンプーの方法2 原液を直接頭皮に塗る


シャンプーの原液を直接頭皮に塗ってしまうと、原液が頭皮の毛穴の奥にまで入り込んでしまうため、お湯で洗い流しても綺麗に流せなくなってしまいます。


そして、シャンプーの中に含まれる刺激物のせいで頭皮が荒れてしまい、炎症を起こして雑菌を呼び寄せかゆみを引き起こします。


シャンプーを付ける時は、まず手に取ってからよく泡立て、それから髪につけるようにしましょう。


誤ったシャンプーの方法3 爪を立てる

洗髪時ですが、かゆみがあるとどうしても爪を立てて洗ってしまいがちで、ゴシゴシ洗うことで、頭皮も綺麗になっているような気がします。


しかし、爪と頭皮を比べると遥かに爪の方が固いので、そのようなもので頭皮を掻くとそれだけで頭皮を傷つけてしまいます。


そのため、洗髪時には指の腹で頭皮を揉みこむように洗うのが良いでしょう。


そうすると、頭皮を傷つけることも無く余分な皮脂を浮かび上がらせることができるので、洗髪にはこれで十分です。


誤ったシャンプーの方法4 すすぎが不十分


当然ですが洗髪後には綺麗に洗い流すようにしてください。


シャンプーが頭皮に残っていると、それだけで炎症を引き起こす原因となってしまいます。


お湯で洗い流す時間は、すすぎ残しがないよう3分を目安にすると良いでしょう。


間違ったシャンプーのやり方は、かゆみを引き起こすだけではなく様々な頭皮トラブルの原因となるので特に注意が必要です。

髪質改善についてもっとお知りになりたい方は、こちらの記事をどうぞ☆


使い続けて大丈夫?市販のシャンプーのデメリットはこんなにもある


紫外線カットすることで、切れ毛・枝毛を防げます


カラートリートメントって髪に良い?I実はこんなトラブルがあります!




髪質を良くするためのオリジナルアイテムが気になられる方は、こちらもご覧ください。



頭皮のお悩みに!天然ハーブエッセンス

髪を綺麗にする魔法のシャンプー


仕上がりの質感を選べるトリートメント

水分量をアップさせる集中ケア用トリートメント

髪の内部に潤いを!髪質改善専用オイル

オンラインショップはこちらから☆




ご予約はこちらからどうぞ↓


まずは友達登録をお願い致します。


お名前が分かるようにして頂ければ幸いです。


トークにご希望の日時、メニューを送るだけで簡単に予約が可能です。


その他、前もってのメニューのご相談や、金額のご相談、髪型のご相談なども可能です。


是非ご利用ください☆

こちらの記事も合わせてご覧ください♪

切れ毛を治すカラーメニュー|アミーベルのカラーエステとは

抜け毛の原因と対策、予防について

30代からのエイジング対策