髪質改善アイテム!!髪質によって使い方を選べるホワイトトリートメント!

こんにちは♪♪

今日は髪質改善には欠かせない

ホワイトトリートメントについてお話ししていきます!

目次

  1. S.E.Lホワイトトリートメント

  2. ホワイトトリートメントの特徴と効果☆

  3. ホワイトトリートメントの使い方オススメ☆

  4. 主な成分とその効果

  5. まとめ

S.E.Lホワイトトリートメント

ブラックシャンプーとセットで使われる方が多い


欠かせないトリートメントです!!


ホワイトトリートメントの特徴と効果☆


トリートメントは髪の内部に浸透させていくもので


ホワイトトリートメントは特に髪への浸透がいいものです。


サラサラした質感でベタベタ感はないのに

程よいしっとり感も出せて自然な仕上がりを強調した

魔法の様なトリートメントです♪♪


毛髪が安定する弱酸性に持っていく


バッファー効果があるのも特徴の1つです!!


ホワイトトリートメントの使い方オススメ☆


まずトリートメントをつける場所ですが


地肌から4〜5センチ離して中間から毛先につけて下さい!


たっぷりつけたら、髪に均一につけるため目の大きいクシ

といて、その後お時間を7〜10分置き


かる〜〜〜〜〜〜く流して下さい!!


この軽く流すのがとても重要で


ほとんどのお客様が、ヌルヌル感が完全になくなるまで


流していると思いますがヌルヌル感残っていて何の問題もありません


最初は慣れなくて気持ち悪いと思いますがヌルヌル感残して下さい!


ただ頭皮についてしまうと毛穴が詰まって抜け毛の原因になるので気をつけて下さい!


ホワイトトリートメントの適量は

ショート〜ミディアム 3〜5プッシュ

ミディアム〜ロングは 5〜8プッシュ

少ない量だと サラサラ

たっぷりつけると しっとり

こんなイメージです!


500ml 毎日5プッシュ使うと約1ヶ月


ブラックシャンプーと比べると減りは早いですが

トリートメントはケチるとあまり効果が感じられませんので

たっぷり使いましょう♪♪


オススメ放置時間は

先ほど7〜10分と書きましたが


7分 サラサラ

10分 しっとり


こんなイメージで使って下さい!


時間を置かずに流すと内部まで浸透せず効果が出ないので

最低でも7分は置く様にして下さい!

季節、髪の状態、お好みの質感に合わせて


使用する量や置き時間を変える事で調整できるのが

ホワイトトリートメントの強みです♪♪


主な成分とその効果


ホワイトトリートメントには

【シルクPPT(加水分解シルク)】や【セラミド】がたくさん

配合されています。


PPTとは髪の毛と同じ様なタンパク質を分解して


作ったタンパク質の類似品みたいなもです。


様々な化粧品に「PPT配合」とありますがPPTにも


種類が沢山ありますので入っていれば良いというものでもありません。

【シルクPPT】は保湿効果が高く、毛髪補修効果もあり


皮膚刺激性もほとんどありませんので安全に使用いただけます!

【セラミド】にも種類がありまして「合成セラミド」は安全性も低く

保湿効果もほとんどありません。


「植物性セラミド」はそこそこの保湿力があり

刺激性が低く、敏感肌の人へオススメです!


ホワイトトリートメントには「天然セラミド」が使われており


人の肌と馴染みがよく、保湿力と浸透力にとても優れております!

ホワイトトリートメントは


皮膜形成をし外部の刺激から守る様に作られており

カラーやパーマ後の残留アルカリ(ダメージの原因)を除去し


髪を弱酸性の健康な状態に戻します。

まとめ

これまでのホームケア概念を180度


変えていただくことが髪質改善の近道かもしれません♪♪

トリートメントは


美容室に行った時だけ


パーマ、カラー後の一週間だけ


違います!!!毎日、シャンプー後にトリートメントつけて下さい♪♪

これからも皆様の髪質改善を全力でサポートさせていただきます!

はじめての方

当店のこだわり

髪質改善事例

お客様の声

メニュー・料金

店舗情報

​ご予約・お問い合わせ

髪質改善専門店

​AMI a BELLE

廿日市本店

廿日市市地御前1-23-26 0829-20-5955​

井口Eclat店

広島市西区草津南3-4-8 082-277-7556​

ご予約・お問い合わせ

大町Rêve店

広島市安佐南区大町西3-11-35 082-870-4566​

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

© 2012 BDI-CREATE All Rights Reserved.