今さら聞けない? トリートメントとコンディショナーの違い








意外に思われるかもしれませんが、



「トリートメントとコンディショナーの違いって何ですか?」



というご質問。



新規のお客様からお受けすることがよくあります。



サロン品もさることながら、


市販のヘアケア剤の多岐に及ぶことを考えると、


ご自身がお使いのものでさえ、トリートメントなのかコンディショナーなのか、


よくわからないというのも頷けますね。




正しいヘアケア知識は、美髪を保つ上でとても大切なことですので、


復習を兼ねて、一緒に見てみましょう。









1. コンディショナーって何?




答えから言います。



コンディショナーは、髪の表面から整えるものです。



コンディショナーは、髪の表面をコーディングし、保護する成分を持つアイテムです。


髪の毛の見た目のツヤ感や指通りの滑らかさというものは、


表面を覆っているキューティクルの状態に大きく依存します。



つるつる・サラサラの髪質を維持するためには、


キューティクルを保護することが大切です。




手ぐしを通した時の滑るような質感や


見た目のツヤツヤ感を重視したい方にはおすすめです。



ちなみに、リンスもコンディショナーとほぼ同じ働きをしてくれます。






2. トリートメントって何?




答えを言います。


トリートメントは髪を内部から整えてくれるものです。



トリートメントは、髪の内部に浸透する栄養成分を持つアイテム。



髪の内部に栄養分をしみ込ませることで、


傷んだ髪を補修したり、自分の髪質をケアしたりすることができます。



ダメージを受けて髪が傷んでしまった人や、


広がりや、切れ毛が出来やすい髪質を改善したいという人に必要なアイテムです。



商品によっては


「ヘアパック」


「ヘアマスク」


という名称がついているものがあります。



これらはトリートメントだと思っていただいて正解です。




外側にコーティングして、つるつる・サラサラ感を演出するという目的ではなく、


髪の内側に作用し、内部を充実させるようなイメージですね。








3. どちらを使ったら良いの?



髪のダメージが気になっておられる方は、断然トリートメントです。



コンディショナーは、「もつれ防止」くらいのイメージで思っていてください。




例えば、ヘアカラーもパーマもしていない、いわゆるバージン毛の方。



薬剤は使用していないものの、


髪が絡まったりもつれたりするという方、おられますよね。



コンディショナーを使うことで、髪の毛の絡まり問題が解消されたら


それだけでも日々のストレスがなくなっていくと思います。



ただし、



気をつけたいのが


コンディショナーでは髪の栄養補給は出来ません。



少しでも髪のダメージが気になっておられたり、


扱いやすい健康な髪質へと変えていきたいと思われるなら、


必ず毎日トリートメントをご使用ください。






4. トリートメントが必要なのは?



繰り返しになりますが、



①「髪にダメージのある方」


②「髪質にお悩みのある方」


③「パーマ・カラー・縮毛矯正を1回でもされた方」


断然トリートメントが必要になってきます。



コンディショナーをどんなに頑張って使い続けても、


ダメージやお悩みは解消されません。


パーマ・カラー・縮毛矯正を良い状態で持続できません。



髪の内部に栄養補給ができるトリートメントを毎日お使いくださいね。








5. 両方つけてもいいの?



髪の扱いやすさというのは、ご本人様にしかわからない部分もあると思います。


毎日使いたいコンディショナーがあるという方もおられることでしょう。


もし何らかの理由で、トリートメントを使いつつコンディショナーも併用したいという場合には、


使い方と順番を必ず守っていただくのがベストだと思います。

先ほど特徴を紹介したように、


コンディショナーは髪の表面を整えるもの、トリートメントは髪を内部から整えるものです。


そのため


両方使って効果を得たいという際は、



トリートメント→コンディショナーの順番でご使用ください。



先にコンディショナーをつけてしまったら、


後からトリートメントをつけても内部に栄養分がしみ込まなくなってしまいます。



ここすごく重要ですので、先にトリートメントをつけるようにしてみてくださいね!







6. トリートメントの正しい使い方とは



シャンプー剤の泡をしっかり洗い流し、頭髪に泡が残らないように充分すすいでください。


泡をきれいに流したら、軽く髪の毛の水気を切ってください。


キューティクルを傷つけないように、優しく手でキュッと水気をとる感じです。


ぎゅーぎゅー強く絞る必要はないですので、優しく触ってくださいね。



それからたっぷりのトリートメントを、髪につけていきますが、


地肌にべったりつかないように、


根元は4cmくらい離したところから、毛先に向かってたっぷりなじませていきましょう。




手でしっかり髪の毛になじませたら、


粗めのコームで優しく優しくコーミングします。



このひと手間で、トリートメントの浸透がよくなりますし、


ムラなく全体に均一に伸ばすことができます。



それから、7〜10分必ず放置してください。



この放置時間をしっかり守れるかどうかで、結果が全然違ってきます。



時間がきたら、素早く流してください。


シャンプーの泡を流す時のようにしっかりすすぐのではなく、


全体をさーっと流すくらいで良いです。




もし、前述したように、どうしてもコンディショナーをご使用になりたい方は、


トリートメントの後に、中間から毛先に軽くつけて流してくださいね。



コンディショナーは表面に作用するものですから、


時間をおく必要はありません。


もつれやすい毛先部分につけたらすぐに流しちゃってくださいね♪










7. まとめ


毎日使用するトリートメント。



コンディショナーとの違いや、正しい使用法を把握していなかった、


という方はいらっしゃいましたか?



『トリートメントは髪の内部を補修』

『コンディショナーは髪の毛の表面をコーティング』


とそれぞれの役割を覚えておきましょう。

また、トリートメントをした後に必ずコンディショナーをした方がよい、


ということでもありません。


髪の毛のダメージレベルや髪質にあったトリートメントを使用すれば、


コンディショナーを使用しなくても自宅でのヘアケアは十分です。





髪の内側も外側もきれいにしてくれるトリートメントもございます。


気になられる方は、髪質改善専門店AMI a BELLEまでお問い合わせください!




髪質改善師クワバラがお伝えさせていただきました。


お付き合いありがとうございました◎










髪質改善専門店アミーベルでは、お客様お一人お一人の髪の悩みに真剣に向き合い、


ダメージの原因を共に探り、


解決策を必ず見つけ出します!



髪質改善師としてのミッションと受け止めています。

半年から一年以内に必ず理想の髪質を育んでいきますので、


髪のことなら私たちにお任せくださいね^^


他にもお知りになりたいことがおありでしたら、いつでも当店スタッフにお尋ねください☆

髪のプロ集団が皆さまのご来店をお待ちしております!





髪質を良くするためのオリジナルアイテムが気になられる方は、こちらもご覧ください。

頭皮のお悩みに!天然ハーブエッセンス


髪を綺麗にする魔法のシャンプー


仕上がりの質感を選べるトリートメント


水分量をアップさせる集中ケア用トリートメント


髪の内部に潤いを!髪質改善専用オイル

オンラインショップはこちらから☆



ご予約はこちらからどうぞ↓




まずは友達登録をお願い致します。

お名前が分かるようにして頂ければ幸いです。

トークにご希望の日時、メニューを送るだけで簡単に予約が可能です。

その他、前もってのメニューのご相談や、金額のご相談、髪型のご相談なども可能です。

是非ご利用してください☆

こちらの記事も合わせてご覧ください☆

梅雨時期特有の髪の広がりを防ぐには!

髪の毛1本1本が細くなってきたら要注意

30代からのエイジング対策



クワバラに直接、質問・相談したい方は下記のラインからどうぞ♪

お客様直接相談窓口

Instagramもやってますのでフォローお願いします^^

クワバラのInstagramはこちらから