デジタルパーマと普通のパーマの違いって何ですか?

過去にパーマの失敗経験がある方って多いですよね。


一度でもイヤな思い出があると、そのメニュー自体を敬遠されるという方もおられると思います。


仕上がりのデザインがイメージと違う、というのがいちばん起こりやすいのがパーマかもしれませんね。


過去の失敗がトラウマとなり、


「私の髪にはパーマは無理」とか


「もうデジタルパーマは二度としない」とか


そんなふうに思い込んでしまうケースもありますが、


それは残念すぎる勘違いかもしれません。





今日はパーマについて、いま一度正しく理解してみましょう。








1. パーマの特徴




そもそも、まずはパーマとはどのようなものか、についてご説明します。


パーマをかける時には、1液・2液と呼ばれる2種類の薬剤を使用します。


1液で、髪の毛を巻いたり真っ直ぐにするようにして、希望の形になるようにします。


そして2液によって、1液で希望の形にした髪を固定します。


簡単に言うとこんなかんじです。



パーマには、髪をストレートにするパーマとウェーブを付けるパーマに大きく分けられます。


髪をストレートにするパーマにはストレートパーマや縮毛矯正が含まれ、


ウェーブにするパーマにはコールドパーマ・デジタルパーマ・エアウェーブ・クリープパーマ・コスメパーマ・水パーマなどがあります。




2. パーマといってもこんなに種類が!



熱に注目すると、熱を加えないパーマと加えるパーマがあります。


「熱を加えないパーマ」

熱を加えないパーマには、コールドパーマ・水パーマ・クリープパーマ・コスメパーマ・ストレートパーマが含まれます。


「熱を加えるパーマ」

熱を加えるパーマは、デジタルパーマ・エアウェーブ・縮毛矯正などです。








3. ウェーブやカールをつけるパーマの種類



パーマには、前述したように、髪をストレートに伸ばすものと毛先をカールさせたり、ウェーブなどのくせをつけるものの大きく2つに分けられます。



今回は中でも、ウェーブなどのくせをつけるタイプのパーマについて紹介していきます。


髪にくせをつけるパーマの種類には、「コールドパーマ」「デジタルパーマ」などがあります。


この「コールドパーマ」が一般的に言う「普通のパーマ」の種類になります。




【コールドパーマの特徴】


コールドパーマが一般的なパーマと呼ばれる種類になります。


加熱はせずに、パーマ液のみで髪の毛のたんぱく質を固定してウェーブを作り出します。


コールドパーマは、髪の毛が濡れている状態の時が一番ウェーブが強く出ており、乾いたときに緩やかになるのが特徴です。


波打つようなウェーブ、しっとりとした束感、くしゃっとした無造作ヘアなどのスタイルにしたい場合におすすめです。


ドライヤーで髪を雑に乾かすと、ウェーブがばらばらになってしまったり、伸びてしまったりします。


濡れた状態の時に、スタイリング剤をつけ、弱風で乾かすのが一般的です。





【デジタルパーマの特徴】


デジタルパーマは、形状記憶パーマとも呼ばれ、専用のマシーンを使用して行います。


パーマ液をつけるだけでなく、ロッドを加熱して、熱の力も利用するパーマです。





4. デジタルパーマとは


デジタルパーマの大きな特徴は、パーマ液だけでなく、機械を使い髪の毛に熱を加える点です。


髪の毛のたんぱく質を加熱することで、しっかりとウェーブの形状が記憶されます。


デジタルパーマは、熱を加えることで髪の毛にスタイリングを形状記憶させ、パーマのかかり具合を強くすることが出来るのです。




【デジタルパーマが好まれる理由】


デジタルパーマのメリットをいくつか挙げてみましょう。


・パーマの持ちが良い

・髪質に左右されずくせが付きやすい

・髪が濡れた時でもほとんど変わらない

・髪が傷みにくい

・パーマの持ちが良い


コールドパーマよりも持続期間が長いと言われます。


一度形状記憶された髪の毛のウェーブは、大きめのゆる巻きウェーブでも、3ヶ月から半年と長期間もちます。


そして環境の変化にも強いので、湿気が多いシーズンや雨が降っている時などでもパーマが取れにくいです。


また、髪を乾かした時にウェーブが再現されるので、普段のスタイリングがとても楽に仕上がります。


乾かす時は、指で毛をクルクルッと巻いたら手のひらに乗せ、手のひらを上下に動かしながらドライヤーを当てて、ウェーブを潰さないようにするのがおすすめです。



根元にはかけられないというデメリットもありますが、乾かすだけでスタイリングができる手軽さがメリットです。


コテを使ったような、巻き髪にしたい場合にもおすすめです。



デジタルパーマは機械でくせをつけていくので、パーマ液の強さ(髪の内部構造を変化させる作用)はそれほどありません。


そのため、髪質を変化させたり、傷めてしまうリスクは小さいです。


パーマ液には還元剤が配合されていて、それが髪を膨潤させます。


しかしその作用は普通のパーマに比べて弱いので、シスチン結合が切断されているのは最小限にとどめられている状態です。








5. デジタルパーマの注意ポイント



次にデジタルパーマの注意点についてもいくつか挙げてみましょう。


施術時間がやや長い

細いウェーブは不向き

美容師さんの技術によってはダメージの危険も



パーマ液に頼ったくせつけではないので、施術に時間がかかります。



毛量などにもよりますが、2時間半から3時間かかるケースが多いです。



あまり慣れていない美容師さんが対応すると、


イメージと違ったパーマ、かかりの悪いパーマになってしまうことも少なくありません。


最近の機械は細かい温度調整が可能なので、髪質によって温度を上げるなどして調節してくれるところがお勧めです。


デジタルパーマは持続性があるので、もしストレートに戻したい場合は、ある程度待たなければいけません。


すぐにでも戻したい場合は、縮毛矯正が必要になるでしょう。





6. デジタルパーマが向いている髪質



自分に似合うパーマの選び方について


せっかくデジタルパーマをかけたのに、すぐに取れてしまったり、強くかかりすぎて毛先がチリチリになってしまったりという経験はありませんか?


それは、デジタルパーマと髪質との相性に問題があるのかもしれません。


デジタルパーマが向いているのは、以下の髪質です。


【直毛の方】


普通のパーマではかかりにくかったり、すぐ取れてしまったりすることが多い、クセのないストンとした直毛でも向いています。


デジタルパーマなら薬剤の選定や放置時間、ロッドの温度調節などでしっかりとしたカールを持続させることもできます。


また、縮毛矯正をしている方でもかけることができます。


【太くしっかりした髪】


太い髪はキューティクルの層が厚く、パーマの薬剤がなかなか浸透しません。


そのため、普通のパーマはかかりにくいのですが、デジタルパーマならロッドが熱くなるので、髪にカールの形状を記憶させることが可能です。


ですので、比較的毛が太めで毛量が多い方は、デジタルパーマに向いていると言えます。


髪が健康過ぎてパーマがかかりにくいことがあれば、デジタルパーマにチャレンジしてみましょう。


【細くクセのない髪】


逆に細い髪なら一般的なパーマでもかかりやすいのかというと、そういうわけではありません。


細くまっすぐな髪は、キューティクルの層がきれいに揃っているので、薬剤が髪の内部にまで入りにくいのです。


つまり、細い髪にも、熱の力を利用するデジタルパーマが向いているといえます。





7. デジタルパーマが向いていない髪質



デジタルパーマは、一般的なパーマよりかかりやすく、とれにくいのが特徴です。


そのため形状記憶パーマとも呼ばれていますが、髪質によってはきちんとしたカールがつきにくいことも。


【ダメージヘア】


カラーなどで髪が傷み過ぎていたり、毛先が大胆にすいてあるヘアスタイルの方は向いていません。


施術中は少し熱く感じることもあります。


毛先の方がチリチリになってしまうこともあるので、髪が傷んでいる場合は先にトリートメントなどで補修する必要があります。




【ショートヘア】


デジタルパーマはロッドが熱くなるため、髪の根元まで巻き込めない場合があります。


ショートヘアの方で、根元のボリュームをしっかりつけたいと言う場合は、コールドパーマを選ぶと良いでしょう。


毛量が少なめの方は、デジタルパーマの効果が十分に出にくいこともあります。


美容師さんにしっかりとご相談なさってみてください。




8. 自分に似合うパーマの選び方



流行の髪型にするのも良いですが、大切なのは、自分に似合う髪型やそれを実現するためのパーマを選ぶことです。


自分でどのようなイメージになりたいか考えておくと、美容室でオーダーしやすいかもしれません。


【デジタルパーマが似合うスタイル】


セットする時に楽な方がよい、ヘアアイロンを使った時のような立体的なカールやパーマを長持ちさせたい、と考える方はデジタルパーマを選ぶと良いです。


【普通のパーマが似合うスタイル】


外国人のようなふんわりとした緩めのウェーブにしたい、部分的にボリューム感を出したい、という方には普通のパーマがオススメです。







9. パーマのオーダーで気をつける点



【美容室のパーマのオーダーで気をつける点】


仕上がりがなんとなくイメージしていた感じと違う…なんて経験をされた方も少なくないと思います。


仕上がりや自身の髪質に合わせてしっかり選ぶ必要があります。


どのようなスタイルを求めているのかによっても違いますが、パーマ後のイメージをとにかく美容師の方に何度も確認することが大切です。


確認していないと、パーマ後の変化にギャップを感じてしまって、似合っていないと感じることがあるので気を付けましょう。


見慣れていないと違和感を感じてしまうため、何度もカウセリングを行って希望のスタイル、見た目の変化をチェックしながらパーマを行ってください。


【パーマがかかりにくい髪質もあるので注意】


髪の毛のクセや髪質によってはパーマがかかりにくい場合があります。


そのため、美容師の方に細かく質問をし、相談をすることを忘れないようにしておきましょう。


【過去の失敗経験も美容師に伝えてみる】


以前パーマでイヤな思いを経験したことがあるとしたら、


その時の何がイヤだったのか、をしっかり美容師さんに情報共有してみましょう。


ここで大切なのが、カウンセリング時にお客様に寄り添って、じっくり耳を傾けてくれる美容師さん、


そういう姿勢を大切にするサロンを選ぶことが重要になってきます。










10. パーマをかけた後のケアも超重要です



せっかくパーマをかけたので、出来る限り長持ちさせて綺麗に保ちたいと思う方がほとんどだと思います。


ですので、パーマをかけた後のケア方法をいくつか紹介します。


まず、パーマをかけた後の24時間は髪を洗わない方が良いと言われています。


また、パーマをかけた後には髪がアルカリ性になっているので、髪を弱酸性の状態に維持できるヘアケア剤が必須となってきます。



アミノ酸系などの弱酸性シャンプーを使ってみましょう。


弱酸性シャンプーは髪だけではなく頭皮にも優しいので、パーマ後の頭皮も健やかに保つ秘訣となります。



トリートメント剤も、髪の内部に必要な水分と栄養分をしっかり浸透させてくれるものを必ずお使いください。




また、シャンプー後にはしっかり乾かすようにしましょう。


水に濡れた状態の髪はキューティクルが開いておりとても傷みやすいからです。


髪に負担がかかるとパーマを維持するのも難しくなります。


紫外線や冷たい風による乾燥もパーマには良くありません。


紫外線対策をしっかり行い、風にあたった時にはトリートメントを入念にして髪を守るようにしましょう。


毎日の丁寧なヘアケアがパーマを長持ちさせるポイントになります。









11. パーマヘアを楽しみましょう



パーマをかけようか迷っている…という方は、ご自分にあったパーマを選んで、さらに魅力アップして下さい。


自分に似合うパーマを見つけてパーマヘアを楽しみましょう!


本日もお付き合いありがとうございました。




髪を綺麗にしたい全ての方へ。

AMI a BELLEの髪質改善師クワバラがお伝えさせていただきました。




髪質改善専門店アミーベルでは、お客様お一人お一人のライフスタイルや髪のお悩みに合わせて、


最適なメニューを最善のプランでご提供し、


必ず最高の結果を出せるよう、熟練したスタッフが全力を尽くして技術に当たらせていただきます。



10年後・20年後も健康で美しい髪と頭皮環境を守るため、必要なことを何でもアドバイスさせていただくことをお約束します!



他にもお知りになりたいことがおありでしたら、いつでも当店スタッフにお尋ねください☆

髪のプロ集団が皆さまのご来店をお待ちしております!



髪質を良くするためのオリジナルアイテムが気になられる方は、こちらもご覧ください。


頭皮のお悩みに!天然ハーブエッセンス


髪を綺麗にする魔法のシャンプー


仕上がりの質感を選べるトリートメント


水分量をアップさせる集中ケア用トリートメント


髪の内部に潤いを!髪質改善専用オイル

オンラインショップはこちらから☆




各店舗へのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ↓

髪質改善専門店アミーベル 各店舗へのご予約・お問い合わせ窓口


まずは友達登録をお願い致します。

お名前が分かるようにして頂ければ幸いです。

トークにご希望の日時、メニューを送るだけで簡単に予約が可能です。

その他、前もってのメニューのご相談や、金額のご相談、髪型のご相談なども可能です。

是非ご利用してください☆

こちらの記事も合わせてご覧ください☆

切れ毛を治すカラーメニュー|アミーベルのカラーエステとは

抜け毛の原因と対策、予防について

30代からのエイジング対策

クワバラに直接、質問・相談したい方は下記のラインからどうぞ♪

お客様直接相談窓口

Instagramもやってますのでフォローお願いします^^

クワバラのInstagramはこちらから