髪質改善したいなら、リンス・コンディショナーは使わないようにしましょう!


サロンでお会いするご新規のお客様のなかに、


ご自宅でトリートメントをなさらない方がとても多いことに気づきます。


シャンプーの後に「リンス・コンディショナー」をご使用の方がとても多いです。



トリートメントは週に1回程度、とか、


今でも「リンスとトリートメントって違うんですか?」


というご質問をいただくことがあります。



リンス・コンディショナー・トリートメントは違うものです。


それぞれの役割をしっかり理解することで、お手入れ方法も変わってきます。


美髪を育むために絶対に必要な情報ですので、


今日の記事でマスターしてみてくださいね!








1. リンス・コンディショナーでは髪質改善できません


いきなり結論から述べてしまいましたが、これが現実です。


では、まずそれぞれの役割を見ていきましょう。


違いを知ることって大切なんですよ。




2. リンスの役割



リンスの役割から説明させていただきますね。


シャンプーして泡を流してから髪にリンスを付けると思います。


髪の毛は濡らすとキューティクルが開き、とても繊細で傷付きやすい状態になっています。


この無防備になっている髪のキューティクルを、油分でコーティングして、指通りを良くしてくれるのがリンス剤です。


そしてシャンプーをした後は髪の毛がマイナスの電気を帯びるので、空気中の埃などが付きやすくなってしまいます。


そこにプラスの電気を持ったリンス剤でコーティングすることによって、髪の毛が中和され、外敵から髪が守られることになります。

3. コンディショナーの役割



次にコンディショナーの役割についてです。


コンディショナーもほとんどリンスと変わりません。



若干違うところは、髪をコーティングするだけではなく、保湿効果もあるということです。


リンスとコンディショナーにはそんなに大きな違いはなく、


市販されているリンスとコンディショナーは、商品名の表記が違うだけで中身はそこまで大きく違いません。


4. トリートメントの役割



最後にトリートメントについてです。


トリートメントは、リンスやコンディショナーとは異なり、髪の内側に作用するものです。


表面をコーティングするのではなく、髪の内側に浸透してタンパク質などの成分を補ってくれます。


失われた栄養分を回復させ、傷んだ髪の毛を内部から修復してくれます。



5. どのように使い分けるか



もう一度、区別して整理してみましょう。


「リンス」 → コーティング、髪の外側に作用


「コンディショナー」 →  コーティング+保湿、髪の外側に作用


「トリートメント」 → 栄養補給+ダメージ修復+保湿、髪の内側に作用


どれを使うのがいいのでしょうか。


パーマ(ストレート含む)やカラーの施術歴のある方は、絶対にトリートメントです!

これは間違いないですね。


次に、パーマやカラーの施術歴のない方でも「切れ毛・枝毛」のある方、絶対にトリートメントです!



上記に当てはまらないとしても、


・髪がパサつく、手触りが悪い

・髪がもつれたりきしんだりする

・艶がない

・ボリュームが出にくい

・抜け毛が気になる

・頭皮のかゆみやフケが気になる



等々、髪の毛と頭皮に何かしらのお悩みがある方は、断然トリートメントです!


リンス・コンディショナーは、今すぐ中止してください。



上記のお悩みが全くないとおっしゃる方は、リンス・コンディショナーで良いと思います。


上記のお悩みが全くなく、ベリーショートの方は、リンス・コンディショナーも必要ないと思います。


6. リンス・コンディショナーを使うなら



髪の長さに応じて、中間〜毛先部分にリンス・コンディショナーを付けて、


目の粗いコームもしくは手ぐしで髪の毛をざっくりとかし、すぐに洗い流してください。

(髪の内部にしみこませるものではないので、放置時間は不要です)


そしてリンスはコーティング剤が強いので、皮膚に残留しやすいものです。


根元から付けてしまうと、頭皮にも付着しやすく、地肌に付くと必ず毛穴に残留します。

それが毛穴詰まりとなり、抜け毛・細毛・薄毛繋がります。


また成分が強いため皮膚炎の原因にもなりかねません。


ですから流した後は髪を軽くとめておいて、首筋〜肩〜背中の皮膚にも充分お気を付けください。



アトピー性皮膚炎の症状のある方など、本当に要注意ですよ。



7. トリートメントを使うなら



地肌から3〜4cm離したところから毛先までたっぷりトリートメント剤をなじませます。


目の粗いコームで全体をコーミングし、ムラなくしっかり行き届くようにします。


ここですぐ流してはいけません!


トリートメント剤は髪の内部に栄養分をしみこませるものですから、

7〜10分、必ず時間を置いてください。


放置時間なく、すぐに洗い流すとせっかくの栄養成分を捨てちゃってるようなものです。

とてももったいないですよ!


髪の毛をとめておいて、置く時間の間、身体を洗うなり湯船に浸かるなり歯磨きするなり、

時間を有効にお使いくださいね、7〜10分なんてあっという間です♪


それから全体を軽くお湯で流してくださいね。



お勧めのトリートメントは、アミーベルオリジナルの

髪質改善専用「ホワイトトリートメント」です!


使うたびに髪の状態がよくなっていくのをご実感いただけると思いますよ☆







8. もし併用したいなら



最初にトリートメント、それからコンディショナーもしくはリンスという順番です。


ただし、トリートメント剤で指通りがかなり良くなりますので、



コンディショナーもリンスも「必要ない」というのが実際のところです。


あくまでも、どうしても併用したいなら、という場合のお話ですよ。



トリートメントを付けて放置、


時間がきて流しましょうというその時に、


本当に毛先だけにコンディショナーもしくはリンスを付けて、すぐさま流しちゃってください。


気をつけなければいけないのが、地肌に付けないようにするということです。

そして、バージン毛で髪のお悩みがなく、ベリーショートの方は、リンス・コンディショナーご使用にならないでください。


なぜかというと、髪の毛が短い場合はどうしても地肌に付きやすいからです。


コーティング成分強いものが地肌に付くということは本当に避けた方が良いのです。


ショートヘアの方はトリートメントのみ、またはシャンプーだけで良いと思いますよ。



是非参考になさってくださいね。




9. 最後に



髪質改善美容師としてお伝えしたいことは、

全ての方に「リンス」を使っていただきたくない、ということです。


コンディショナーよりもリンスのほうが断然コーティング力が強く、

尚且つ安価な分、成分も髪やお肌に良くないものが多いです。

「油」を例にとって考えると、


サラダ油とバター、


どちらが栄養分ありますか?


どちらがお値段しますか?


これは答えやすいのではないでしょうか。

やはり天然由来の物のほうが栄養価もお値段も高いですよね。



これは例えに過ぎませんが、


良質のトリートメント剤は、お値段しますが、それだけ価値のある物です。


何を使うかで髪の健康状態も格段に違ってきますよ!


リンスは使い続けるとコーティング剤が髪に蓄積された皮膜となり、


トリートメントの栄養成分が髪に浸透しにくくなっていきます。

ですので、髪の健康のために、リンスのご使用はおやめください◎


髪の健康のために、是非是非トリートメントをお使いくださいね☆



最後までご覧いただき、ありがとうございました(^^)





髪質改善専門店アミーベルでは、お客様お一人お一人のライフスタイルや髪のお悩みに合わせて、


最適なメニューを最善のプランでご提供し、


必ず最高の結果を出せるよう、熟練したスタッフが全力を尽くして技術に当たらせていただきます。



10年後・20年後も健康で美しい髪と頭皮環境を守るため、必要なことを何でもアドバイスさせていただくことをお約束します!



他にもお知りになりたいことがおありでしたら、いつでも当店スタッフにお尋ねください☆

髪のプロ集団が皆さまのご来店をお待ちしております!



髪質を良くするためのオリジナルアイテムが気になられる方は、こちらもご覧ください。


頭皮のお悩みに!天然ハーブエッセンス


髪を綺麗にする魔法のシャンプー


仕上がりの質感を選べるトリートメント


水分量をアップさせる集中ケア用トリートメント


髪の内部に潤いを!髪質改善専用オイル

オンラインショップはこちらから☆




各店舗へのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ↓

髪質改善専門店アミーベル 各店舗へのご予約・お問い合わせ窓口


まずは友達登録をお願い致します。

お名前が分かるようにして頂ければ幸いです。

トークにご希望の日時、メニューを送るだけで簡単に予約が可能です。

その他、前もってのメニューのご相談や、金額のご相談、髪型のご相談なども可能です。

是非ご利用してください☆

こちらの記事も合わせてご覧ください☆

必見!美容室で髪の毛をダメージさせないためには!


シリコン?ノンシリコン?どちらが良いのか分かりますか?

エイジング対策できてますか?細毛・薄毛が気になる方へ

髪質改善師に直接、質問・相談したい方は下記のラインからどうぞ♪

お客様直接相談窓口