デジタルパーマで失敗したことのある方へ朗報です!広島髪質改善パーマエステ


SNSで人気美容師さんの投稿を見ていると

巻き髪ロング・ゆるふわウェーブ・くびれスタイル、外はねセミロング

など、

相変わらず、髪に動きのあるスタイルが圧倒的な主流ですね。


撮影用に「アイロン仕上げ」をされていることがほとんどなのですが、

画像を見たユーザー様は当然

「こんなパーマかけたい☆」

という気分になりますよね!


それで、美容室で画像を見せて「デジタルパーマ」の施術をしてもらうケースが多いと思うのですが、

残念なことに、デジタルパーマの「施術事故」が多発しております。


そうならないための解決方法をお伝えさせていただきますね!





1. デジタルパーマで失敗しない為には、髪のエステと同時にしましょう


もう、結論はこれに尽きます!

カラーや縮毛矯正、ご自宅でのアイロン処理などが一般化している今日この頃。

髪の毛が全く傷んでいない女性は珍しくなっています。

皆様何かしらのダメージ履歴をお持ちです。

その少なからず傷ついた髪の毛に「普通のデジタルパーマ」をかけてみて、

ダメージが進行するのは至極当然と言えます。


当店にも「ひどく傷んでしまって手に負えません、どうにかしてください」

と助けを求めてご新規のお客様がご来店されることもあるのですが、

髪の状態を見させていただいたところ、もう修復不可能な領域に行っておられることが少なくありません。


「矯正毛にもデジタルパーマできます」

「ブリーチ毛にもデジタルパーマできます」

という売り言葉を信じて施術してみたところ、

チリチリビリビリの「縮れ毛」になってしまっているパターンが多いからです。

酷い場合は、その場でカラーも同時にされたということで、

極端な色ムラに仕上がってしまっている方もおられます。


髪を労わる「髪質改善パーマエステ」では、髪の安全を第一に考えて、栄養補給をしながらの施術となりますし、

必要以上の負担をかけない為に、カラーリングは必ず別日にさせていただいています。

悲しい思いをしないよう、デジタルパーマは「髪のエステ」専門店で行うようにしてくださいね。





2. デジタルパーマの特長を知っておきましょう


デジタルパーマとは、「薬剤」と「熱」によりパーマをかける技術です。


専用のロッドでワインディングをした後、機械のコードからロッドに通電します。


ロッドに熱が伝わり、巻き付けた内側からじっくりと熱を出しながら髪を温めてカールやウェーブを形成します。


従来のコールドパーマとは違い、


再現性の高い「巻き髪」スタイルや「大きくうねるウェーブやカール」スタイルを長く楽しめるところが人気ですね!




正し、この「薬剤」と「熱」によりパーマをかけるということは、


一歩間違えたら、コールドパーマ以上の失敗にもなりかねません。


担当美容師さんの知識や経験、技術力が問われる部分でもありますね。


3. パーマ・デジタルパーマで失敗してしまう原因3つとは


・髪のダメージレベル


毛先のコンディションが悪く、枝毛や乾燥がひどい状態。


髪の毛自体に体力が残っておらず、「薬剤」「熱」に耐えられずダメージが進行してしまいます。



・カウンセリング不足


担当美容師さんとの意思疎通が不十分。


髪のダメージレベルをしっかり把握してもらえなかったり


ライフスタイルや普段のお手入れ方法を伝えないまま施術に入って


むしろ扱いにくい髪型が出来上がってしまうことさえあります。




・サロントリートメント等の履歴



違うサロンで「トリートメント」を何度か施術してもらった場合、


残念ながらそのトリートメントの施術方法や薬剤のせいで


パーマが全くかからなかったり、ひどくチリチリに傷んでしまうこともあります。



○熱トリートメント


超○波トリートメント


水○トリートメント


などを繰り返してこられた方は、特に注意が必要です。


必ず「サロントリートメントの種類」と「施術を受けた期間・回数」も


パーマ前に伝えるようにしましょう。



伝えた上で、担当美容師さんの知識がなければ、それはもう運が悪かったとしか言いようがありませんね(TT)









4. 失敗したときの決してお勧めできない対処法3つ



①ストレートパーマを上からかけて、パーマを落とす


パーマをかけたところだけに、ストレートパーマの薬を付けてパーマを落とします。


ウェーブが強い場合は、途中でアイロン工程も必須になってくると思います。


ですが、「薬剤」と「熱」をさらに重ねるだけに、それだけ髪への負担が大きいと思ってください。


酷い場合は、取り返しのつかないダメージレベルにまで一気に進んでしまいます!




②パーマの部分をカット


失敗してしまったデジタルパーマ部分を切り落としてしまえば、とりあえずは解決するのかもしれませんが、


元々その長さ・スタイルにしたかったわけではないでしょうから、根本解決ではないですよね。


泣きたい気持ちで切るしかないでしょうし、


デジタルパーマがかなり上の位置からかかっていたとしたら、最悪ベリーショートを覚悟しなければなりません。


できれば避けたいところです。




③サロントリートメントでケア


これをご提案される美容師さん多いと思います。


正し、ここにも落とし穴があるのです。


先ほど述べたように、「サロントリートメント」もいろいろありまして、


「薬剤」と「熱」を使うものがすごく多くなっています。


「髪質改善トリートメント」とネーミングされていたら特に疑ってみてくださいね。



「ストレートパーマでも縮毛矯正でもなく、広がりをおさえるトリートメント」


と言われたら、特に要注意なのです!!!



「薬剤塗って流してアイロンしてまた薬剤塗りますか?」


とお尋ねしてみてください。



実際にそれでダメージがめちゃくちゃひどくなったという方が大勢いらっしゃるのです。




いずれも、お客様の髪の毛を安全に守りたいがためのアドバイスですので、


悪く受け止められませんよう、よろしくお願いしますね。








5. 髪質改善専門店を信じて、6か月通ってみてください!



本当に髪を綺麗に健康に、扱いやすく変えていく為には、どうしてもそれなりのお時間がかかります。


髪質改善専門店AMI a BELLEでは、その場しのぎの甘言を囁くようなことはありません。


必ず率直にお伝えさせていただきます。


「早くて6か月・長くかかる方で1年くらいで髪質は改善されます!」



この言葉を信じて通ってくださるなら、本当に綺麗な髪の毛を回復していただくことができます。



そして、憧れのデジタルパーマスタイルも楽しめるようになりますし、


定期的にカラーリングをしながら


「根元〜中間→ストレート 中間〜毛先→デジタルパーマ」


という理想のスタイルまで叶えられるほどになりますよ!



当店のデジタルパーマエステは、お客様の髪の状態に合わせて


不足しがちな「水分」と「栄養分を」たっぷり配合した


オリジナルレシピで、パーマのお薬をお一人お一人オーダーメイド調合していきます♪



ダメージ知らずのパーマスタイルを心ゆくまで楽しんでいただく為、


デジタルパーマを検討なさっている方は、髪質改善専門店AMI a BELLEの


「髪質改善パーマエステ」(髪のエステ)


をお選びになってくださいね(^^)




ご来店を楽しみにお待ちしております!




髪を綺麗にしたい全ての方へ。

AMI a BELLEの髪質改善師クワバラがお伝えさせていただきました。




髪質改善専門店アミーベルでは、お客様お一人お一人のライフスタイルや髪のお悩みに合わせて、


最適なメニューを最善のプランでご提供し、


必ず最高の結果を出せるよう、熟練したスタッフが全力を尽くして技術に当たらせていただきます。



10年後・20年後も健康で美しい髪と頭皮環境を守るため、必要なことを何でもアドバイスさせていただくことをお約束します!



他にもお知りになりたいことがおありでしたら、いつでも当店スタッフにお尋ねください☆

髪のプロ集団が皆さまのご来店をお待ちしております!



髪質を良くするためのオリジナルアイテムが気になられる方は、こちらもご覧ください。


頭皮のお悩みに!天然ハーブエッセンス


髪を綺麗にする魔法のシャンプー


仕上がりの質感を選べるトリートメント


水分量をアップさせる集中ケア用トリートメント


髪の内部に潤いを!髪質改善専用オイル

オンラインショップはこちらから☆




各店舗へのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ↓

髪質改善専門店アミーベル 各店舗へのご予約・お問い合わせ窓口


まずは友達登録をお願い致します。

お名前が分かるようにして頂ければ幸いです。

トークにご希望の日時、メニューを送るだけで簡単に予約が可能です。

その他、前もってのメニューのご相談や、金額のご相談、髪型のご相談なども可能です。

是非ご利用してください☆

こちらの記事も合わせてご覧ください☆

切れ毛を治すカラーメニュー|アミーベルのカラーエステとは

抜け毛の原因と対策、予防について

30代からのエイジング対策

クワバラに直接、質問・相談したい方は下記のラインからどうぞ♪

お客様直接相談窓口

Instagramもやってますのでフォローお願いします^^

クワバラのInstagramはこちらから