【保存版】誰でもできる!ドライヤーを正しく使って美髪になりましょう!




髪をきれいにしていく上で、毎日のドライヤーは欠かせないものですね。


ですが、ドライヤーの使い方をしっかりマスターできていない方がおられるのも事実です。




パサつき・広がり・切れ毛・枝毛。


こういった髪のお悩みが、「乾かし方」に原因があったということ、


知らずに過ごしてこられた方もたくさんいらっしゃいます。





髪をずっときれいにしたいと思いながらも、なかなか改善できなかった方が、


「乾かし方」を変えたことで、一気に健康状態が良くなられたというケースもあります。



皆さまはいかがでしょうか?



髪の乾かし方・ドライヤーの使い方についてはお任せください、と自信を持って言えますか(^^)



今日の記事をご覧になることで、胸を張ってそう言えるようになられるはずです。



美髪を手に入れるためにも必要不可欠な内容ですので、必ず最後までお付き合いくださいね。










1. ドライヤーは頭皮と髪のヘアケアに必要なアイテム



ドライヤーで髪が傷んでしまうと思っているから自然乾燥派という方、まだまだたくさんいらっしゃいます。


ですが、その考えは、今日でいったんリセットしてみましょう。


ドライヤーを使わないことによるデメリットのほうが大きいと思ってくださいね。



これをお伝えすると、「知らなかった!」とおっしゃる方もおられるのですが、


これまでずっと常識だと思ってこられた概念を一度くつがえしていきましょう。







2. 髪が濡れているときの状態を知ること



髪の毛は水に濡れると膨潤します。


乾いた髪の時とは、全く別物と言っていいくらいの状態の変化が起きています。



髪の外側にあるキューティクルが柔らかく開いた状態です。


このとき、髪はとっても繊細で傷つきやすい状態と言えます。


そして不安定な状態でもあります。


無防備で怪我をしやすい、そんなイメージですね。


もつれやすかったり、膨潤しているため無理に引っ張ったら切れやすかったりします。


濡れている時に髪の毛に刺激を加えると、乾いた時よりもずっとダメージしやすいと思ってください。



美髪を作るための第一歩は、


「濡れている時間をできるだけ短くしてあげること」


ここから始まります。





3. 濡れたまま放置(自然乾燥)するとどうなりますか



放置すると、当然乾くのですが、髪の毛の表面を覆っているキューティクルが


完全に閉じ切らない状態に乾いてしまいます。



キューティクルが閉じ切っていないところで、自然乾燥させるということは、


自然に水分が蒸発していくに任せる、ということなので、


この時、失いたくない「髪の内部の水分」まで出て行ってしまうことになるのです。



髪の内側の水分が蒸発し始める前に、外壁となるキューティクルを完全に閉じてあげることが大切なのです。



髪の内部の水分量が保たれていると、髪はみずみずしく、健康で扱いやすい状態をキープできます。



シャンプー後にドライヤーを使わず、いつも自然乾燥だったり、途中までしか乾かさないでいたりすると、


髪の毛は慢性的な水分不足に陥り、それが「パサつき・広がり・うねり」の原因ともなってしまいます。



ツヤも出ず、スタイリングも決まらないはずです。







4. 頭皮のことも考えてみましょう




洗濯物を乾かす時に、陽の当たらない室内で放置していたら、いやなニオイになりますよね。


皆さまよくご存じだと思いますが、原因は「雑菌」です。



菌類は、湿ったところ・温かいところを好んで繁殖します。


シャンプー後の湿った頭皮は、絶好のすみかになりますよね(汗)


頭にタオルを巻いたまま放置とか、濡れたまま就寝するとかは、厳禁です。



髪の毛が生乾きのいやなニオイになるだけでなく、


地肌にとっても悪影響が大きいです。



フケ・かゆみ・頭皮の衰え・細毛・抜け毛の発生にもつながっていきます。


これは大げさでなく、本当に頭皮環境を台無しにしてしまうことになるのですよ!




頭皮ケアのことも考えて、シャンプー後のドライを重要視していきましょう。




5. まずはタオルドライ


それでは、正しい乾かし方の実践編です。


まずはタオルドライからいきますよ。



シャンプー・トリートメント後の濡れた髪の毛を優しくタオルで包む感じで水気を拭き取っていきます。


注意点は、絶対に髪の毛を擦らないことです!


髪の毛をゴシゴシ擦ってしまうと、どうなるか・・・お分かりですよね?!


先ほども述べましたように、濡れている時は髪の毛が膨潤して、とっても傷つきやすい状態です。


ここで擦ってしまうと、キューティクルが傷つき剥がれ落ちてしまいますので、


タオルで包んで、優しくポンポンと叩くような感じで水気を取っていくようにします。



順番は、根元(地肌)→中間→毛先です。


タオルで水気を拭き取りながら、優しく手ぐしで指通りを良くしていきましょう。



手ぐしがスッと通る状態でしたら、粗めのコーム(ジャンボコーム)で優しくとかしてみましょう。


もし引っかかる場合は、無理をせず、毛先から手ぐしでもつれをほぐすようにしてくださいね。


全体の指通りが良くなったら、コーミングしたことで、さらに水気が滴ってくると思います。


この時点でもう一度タオルで髪の毛を包んで、優しくポンポンと叩いて乾かしましょう。


タオルドライをどれだけ丁寧にできるかで、ドライヤーの時間も全く違ってきます。


そして、このあと付けるアウトバストリートメントも、必要以上に水で薄まらないので、効果を高めることができますね。







6. 洗い流さないトリートメントは必須です




髪の毛がそんなに傷んでいるというご実感のない方でも、アウトバストリートメントは必ず付けるようにしましょう。


このあと説明していくのですが、洗い流さないトリートメントが、ドライヤーの熱から髪を守ってくれるものになります。


髪がからまったり切れたりすることも防いでくれます。



スーパーやドラッグストアに行くと、アウトバス商品もたくさんありすぎて、


どれを使ったら良いのか分からず悩んでしまうということもあったと思います。



そこで、はっきりお伝えさせていただきます。


市販品は使わないようにしましょう。


ほとんどが、「コーティング系」なので、確かにもつれ防止にはなるかもしれませんが、


添加物だらけで髪の毛に良くありませんし、使い続けると、かえって髪質は悪くなってしまうでしょう。


基礎となるヘアケアアイテムは、サロン品をお選びくださいね。



全ての女性にご使用いただきたいのが、「S.E.Lトリートメントオイル」です。







オイルなのですが、コーティングオイルと違い、髪の内部に栄養分が浸透するタイプで、


内側から髪の毛を保湿してくれます。


さらっとした質感で、たっぷり付けてもベタつくことがありません。


天然由来のものですから、頭皮やお肌に付いても安心です。



濡れている髪の毛にしっかりなじませて、ドライヤーを当ててくださいね。





7. 正しいドライヤーの使い方を完全マスター




髪の毛から20cmくらい離してドライヤーの風を当てましょう。


一般的に、ドライヤーの吹き出し口付近の温風の温度が1200Wで100℃以上になります。


髪の毛はケラチンというタンパク質でできており、濡れた髪の毛は通常60℃以上の熱でタンパク変性を起こしてしまいます。


髪の毛のタンパク変性についてはこちらの記事をご覧ください


髪の熱変性を防ぐために、吹き出し口を髪に近づけすぎないことと、


一か所に集中して当てすぎないよう、万遍なく風を散らしながら乾かしていくのがベターですね。


乾かす順番は、根元から中間・毛先へ、が鉄則です。


いちばん乾きにくく、雑菌が繁殖しやすいのが頭皮です。


まずは地肌を乾かすイメージで、根元の髪の毛に温風を当てていきましょう。


前髪やつむじなど、生えぐせの強いところは、先に乾かすと良いでしょう。


ポイントは、髪の毛を起こす方向から風を当てることで、ふんわりと自然なボリュームが出て、つぶれやすい根元の生えぐせの矯正にもなります。


地肌全体が乾いたら、髪を乾かしていきます。


根元から中間〜毛先に向かって乾かします。


根元は髪の毛が密集していて乾きにくいはずです。


特に、もみあげ・耳後ろ・えりあし付近が乾きにくいところなので、しっかり指の腹で地肌を触りながら、丁寧に乾かしてみてくださいね。


反対に、毛先は毛量を減らしてあることが多く、乾きやすいと思います。


根元が乾いていないのに毛先に風を当ててしまうと、ヘアスタイルがきれいに作れないだけでなく、


毛先が乾燥しすぎ(オーバードライ)の原因にもなってしまいます。 さらに、キューティクルの並びも考えてあげると良いと思います。

キューティクルは根元から毛先のほうに向かって、魚のうろこ状に並び重なっています。

下から上方向にドライヤーを当ててしまうなら、キューティクルを「剥がす」向きになります。

必ず上から下に向かって風を当てるようにしてください。

キューティクルがきれいに整って閉じられていきますので、ツヤが出て傷みにくい状態に仕上がりますよ。


※プラスアルファのアドバイスをさせていただくと、


ほとんどの方が、左サイドより右サイドの方が髪がはねやすくまとまりにくいと言われています。


皆さまはいかがでしょうか。


もし思い当たる場合は、先に右サイドから(まとまりにくい方から)乾かしていくと良いと思います。


ちょっとした工夫で、仕上がりも変わってきますので、是非やってみてくだいね!



全体がきれいに乾き終わったら、S.E.Lオイルをもう一度付けて仕上げて完成です。






8. 高性能ドライヤーにこだわるよりも「乾かし方」を極めてみましょう



いかがでしたか。


髪の毛をきちんと乾かすことはとっても重要だということ、お分かりいただけたと思います。


最後におまけとしてお伝えさせていただきたいことがあります。


ここ数年、高性能ドライヤーがたくさん流通し、中にはびっくりするほどのお値段のものもありますよね。


質の良いドライヤーにこだわる女性も多いと思いますが、


「持っている」ことでで安心してしまい、基本のヘアケアがおろそかになってしまうという落とし穴が隠れています。



髪質改善専門店AMI a BELLEでは、特にドライヤー選びにこだわることはありません。


もちろん、5万円のドライヤーを気に入ってお使いになっていることは良いと思います。


ですが、それ以上に、シャンプーの仕方・トリートメントの仕方・正しい乾かし方、


こういた部分をより重要視しています。


当サロンで使用しているドライヤーは、それこそ数千円クラスの普通の業務用ヘアドライヤーです(^^)


お客様の髪の毛に必要な施術をした後で、正しい乾かし方を実践していますので、


ごく普通のドライヤーでも、とても艶やか滑らかな状態に仕上がります。


ヘアケアの基本となる、シャンプー・トリートメント・ドライ。


この3つを正しく行うことを是非毎日の習慣になさってみてください。


高性能ドライヤーにこだわるとしたら、まずはこの3つをクリアしたその後でも良いかと思いますので、参考にしてみてくださいね☆



皆さまの美髪作りを心から応援しております!





髪を綺麗にしたい全ての方へ。

AMI a BELLEの髪質改善師クワバラがお伝えさせていただきました。




髪質改善専門店アミーベルでは、お客様お一人お一人のライフスタイルや髪のお悩みに合わせて、


最適なメニューを最善のプランでご提供し、


必ず最高の結果を出せるよう、熟練したスタッフが全力を尽くして技術に当たらせていただきます。



10年後・20年後も健康で美しい髪と頭皮環境を守るため、必要なことを何でもアドバイスさせていただくことをお約束します!



他にもお知りになりたいことがおありでしたら、いつでも当店スタッフにお尋ねください☆

髪のプロ集団が皆さまのご来店をお待ちしております!



髪質を良くするためのオリジナルアイテムが気になられる方は、こちらもご覧ください。


頭皮のお悩みに!天然ハーブエッセンス


髪を綺麗にする魔法のシャンプー


仕上がりの質感を選べるトリートメント


水分量をアップさせる集中ケア用トリートメント


髪の内部に潤いを!髪質改善専用オイル

オンラインショップはこちらから☆




各店舗へのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ↓

髪質改善専門店アミーベル 各店舗へのご予約・お問い合わせ窓口


まずは友達登録をお願い致します。

お名前が分かるようにして頂ければ幸いです。

トークにご希望の日時、メニューを送るだけで簡単に予約が可能です。

その他、前もってのメニューのご相談や、金額のご相談、髪型のご相談なども可能です。

是非ご利用してください☆

こちらの記事も合わせてご覧ください☆

必見!美容室で髪の毛をダメージさせないためには!


シリコン?ノンシリコン?どちらが良いのか分かりますか?

エイジング対策できてますか?細毛・薄毛が気になる方へ

クワバラに直接、質問・相談したい方は下記のラインからどうぞ♪

お客様直接相談窓口

Instagramもやってますのでフォローお願いします^^

クワバラのInstagramはこちらから