夏は髪や頭皮の紫外線ダメージに要注意



髪は、肌以上に年齢を表す。と言われます。


髪がパサついてツヤがなかったら、肌にシミやシワがなかったとしても、後ろ姿で実年齢より老けて見えてしまう事もあります。


その様に髪が傷んでしまう原因はたくさんありますが、そのひとつが紫外線


肌や身体には日焼け止めを塗っているのに、髪や頭皮は無防備のままという方多いと思います。


髪は腕や顔よりも太陽の近くで紫外線を受けてしまうからこそ、どこよりも守ってあげるべき。


今回は、髪の傷みを促進させない、日焼け予防、日焼け後のお手入れについてご説明させていただきます。

       髪の毛も日焼けする。 乾燥やパサつきの原因は紫外線

髪が乾燥したり毛先がパサつく原因はたくさんありますが、夏の場合、まず可能性が高いのは紫外線。


当たり前ですが紫外線は肌だけでなく髪も浴びています。


髪は腕や顔よりも太陽に近く、紫外線を受けやすいにもかかわらず、肌ほど紫外線対策ができていない人がほとんど。


それこそが、夏に髪のコンディションが悪くなる原因の大きな1つです。


            髪が日焼けするとどんな影響が?

では具体的に、髪が日焼けするとどんな影響があるのでしょうか?


髪は紫外線を浴びてダメージを受けるとたんぱく質が壊され、パサつきやすくなってしまいます。


また、同じ紫外線を浴びるのでも、プールや海の時など髪が濡れた状態で浴びると、たった1日でも傷みが進行してしまうのはご存知でしょうか?


水に濡れた状態で紫外線を浴びると、毛髪の中で酸化が起き、ダメージを受けてしまいます。


さらに髪の色素も酸化によって分解され、髪の赤色化を招きます。


サーフィンや水泳を楽しむ人の髪の色が明るくなりやすいのはこれが原因です。

髪の内側は、肌と同じようにメラニンがあるので、ある程度であれば紫外線を吸収することができます。


しかし髪の表面を覆っているキューティクルにはメラニンがないので、内側に比べると紫外線の影響を受けやすくなります。


キューティクルがダメージを受けると、髪のツヤがなくなり手触りも悪くなってしまいます。


潤いのある艶やかな髪を維持するには、肌と同じように髪を紫外線から守ることが大切になってきます。

      まずは予防意識を高めること!上手な髪と頭皮の紫外線ケア        髪への紫外線は、紫外線カットのできるヘアオイルで防ぎましょう。

(シアバター、ホホバオイル、アルガンオイル、オリーブオイルなどの成分が効果的です)


髪への浸透も考えるとベタつきが少ないものがオススメです。



こちらのS.E.Lトリートメントオイルは当店でも爆発的な人気を誇るオイルでとても浸透率が高くサラっとした質感です。


紫外線予防の効果も高く髪の日焼け止めとしてもたくさんの方がご利用の商品です。


お出かけ前、髪にサッとつけて日中の紫外線ダメージから髪を守りましょう。


つけ方は簡単で適量を手に出し、手のひらで伸ばして髪の内側から揉むようにつけて下さい。


最後に髪の表面にも軽くつけるだけで紫外線予防もバッチリです。

また、肌と同じように、持ち歩いて2〜3時間おきにつけなおすと、紫外線防御効果を保てます。


頭皮もダメージを受けているので、頭皮用の美容液などを使ってしっかりケアをしていただけると頭皮のトラブルも抑えることができます。

紫外線を受けた髪の毛は乾燥が進んでデリケートになっているので、毎日使うシャンプーを低刺激性のものに替えるのも有効です。

(市販で売られている物はほとんどのものが洗浄力が強く設定されています、、、)

日焼け後はダメージを受けて弾力を失い、パサつきだけでなく切れ毛や枝毛などたくさんの髪のトラブルにもつながっていくので、普段よりもしっかりとケアをしてあげることが大切です。


           正しいシャンプー方法と乾かし方

              正しいシャンプー

  • 洗髪前に、ブラッシングで髪の絡まりをとりながら、頭皮の血行を促進しましょう。髪が長い方は、からみやすい毛先→中間→根元の順に行って下さい。無理なブラッシングはキューティクルをはがして、乾燥や切れ毛を招いてしまうので気をつけましょう。

  • ぬるま湯で髪全体を十分に流して頭皮の皮脂や髪の汚れを落とします。これだけで1日の汚れの約8割〜9割は落ちます。

次に、シャンプーをたっぷり泡立て、泡で髪や頭皮を包み込むように優しく洗いましょう。洗うというよりもマッサージするようなイメージです。

  • トリートメントは、髪の水気を軽く切り、毛先など傷んだ箇所を中心に手ぐしを入れるように全体へなじませます。目が大きいクシでとかすと塗りムラなく全体に均一についてくれますのでオススメです。

トリートメント塗布後の起き時間は7分〜10分を目安にして下さい。


              髪を傷めにくい乾かし方

  • まずはしっかりタオルドライ。ドライヤーを使う時間が短くて済み、髪へのダメージが少なくなります。

髪を乾かす前に洗い流さないトリートメントをつけていただくとドライヤーでの髪へのダメージは軽減できるのでオススメです。

  • 髪をドライヤーに近づけすぎるとさらなるダメージを招くことに。髪から約30cm離し、熱が1カ所に集中しないように、全体にまんべんなく風を送りながら乾かしましょう。

            頭皮のクールダウンが大切 日焼け直後の頭皮は熱がこもっているため、冷やしたタオルで頭皮を覆って、頭皮の熱を下げて下さい。


シャンプーの際は、頭皮をこすらないよう優しく洗ってください。

           分け目を変えてダメージを軽減 いつも同じ分け目だとその部分だけにダメージが集中してしまいます。


この状態を放っておくと、抜け毛などの原因になってしまいます。


帽子で頭全体を守るのが理想ですが、それがむずかしい場合は、日によって分け目を変えてみて下さい。それだけでも、ダメージを分散でき、頭皮の健康を守ることができます。 髪を濡れた状態で放置するのはダメージを進ませる原因となるので、自然乾燥も絶対にNGです。


シャンプー後は十分にタオルドライをして、手早くドライヤーで乾かしましょう。


元気で艶やかな髪は、それだけで若々しく生きいきとした印象に見えるものです。


髪と頭皮の上手なUVケア法を覚えて、健康な美髪を手に入れましょう。

髪質改善についてもっとお知りになりたい方は、こちらの記事をどうぞ☆


使い続けて大丈夫?市販のシャンプーのデメリットはこんなにもある

紫外線カットすることで、切れ毛・枝毛を防げます


カラートリートメントって髪に良い?I実はこんなトラブルがあります!




髪質改善専門店アミーベルでは、お客様お一人お一人の髪の悩みに真剣に向き合い、ダメージの原因を共に探り、


解決策を必ず見つけ出します!


髪質改善師としてのミッションと受け止めています。

半年から一年以内に必ず理想の髪質を育んでいきますので、

髪のことなら私たちにお任せくださいね^^


他にもお知りになりたいことがおありでしたら、いつでも当店スタッフにお尋ねください☆


髪のプロ集団が皆さまのご来店をお待ちしております!




髪質を良くするためのオリジナルアイテムが気になられる方は、こちらもご覧ください。



頭皮のお悩みに!天然ハーブエッセンス

髪を綺麗にする魔法のシャンプー


仕上がりの質感を選べるトリートメント

水分量をアップさせる集中ケア用トリートメント

髪の内部に潤いを!髪質改善専用オイル

オンラインショップはこちらから☆


ご予約はこちらからどうぞ↓


まずは友達登録をお願い致します。


お名前が分かるようにして頂ければ幸いです。


トークにご希望の日時、メニューを送るだけで簡単に予約が可能です。


その他、前もってのメニューのご相談や、金額のご相談、髪型のご相談なども可能です。


是非ご利用ください☆

こちらの記事も合わせてご覧ください♪

切れ毛を治すカラーメニュー|アミーベルのカラーエステとは

抜け毛の原因と対策、予防について

30代からのエイジング対策


#髪質改善専門店 #髪質改善トリートメント #髪質改善